ライフ

【義理両親との同居で悩む人へ】私が同居できた理由

こんにちは、ぶるっちです(@buttiandi)。

私は現在、義理両親と同居しています。

知り合いからはよく「いまどき同居してすごいね~」と言われてました。

 

・義理両親と同居することになった人

・同居が嫌な人

・同居に興味がある人

にお勧めの記事になっています。

1、私が同居することになった理由

silviaritaによるPixabayからの画像

 

私は結婚が決まりすぐに妊娠がわかりました。

主人は長男で家族経営をしているため、実家を継ぐことは必須でした。

主人との初対面で、

  親に、「結婚して一緒に住んだら絶対に喧嘩になるからお前は家を建てろ。」って言われてるよ

と言われました。

私は自分たちの家があればいいなーと空想していたので、心が躍りました。

そして、その気になった私は主人と結婚前にモデルハウスをひたすら周りました。

 

ぶるっち
ぶるっち
話の流れで仮契約までしてしまった!!!

 

しかし、お互いの両親の顔合わせの時に、私たちが家を建てる計画を無断で実行していることを知った義理母が少し怪訝そうに言いました。

家を整理するから(空いてる土地や駐車場の整理など)あと2年待ってほしい。

そう言われて少しホッとする部分もありました。

モデルルームまで見学に行っときながらなんなんですが・・・

私はマイホームに夢見ていたかというと、実はそうではありませんでした。


Steve BuissinneによるPixabayからの画像

 

私の実家は私が小学生の時に2000万ほどの借金をしてリフォームしています。

しかし、それから10年もたたないうちに両親が離婚しました。

私は両親が離婚してから実家には帰っていません。

その実家も現在は売りに出されていると風の噂で聞きました。

地元の友人と遊んだ時に、何も知らない友人たちと帰ることのない実家の前で、

笑いながら別れたことはいまでも忘れません。

すごく悲しかった。

なのでマイホームを持つことに特別な思いはありませんでした。

家よりももっと大事なものを失くしてしまったので、

見栄や周りが建てるからという動機だけでは動かないようにしようと

心に決めていました。

きっと義理母も同じように思ったのでしょう。

よく考えた方がいいと止めてくれて心底よかったと思いました。

そんなこんなで同居話が進み、

知り合ってまもない主人と義理両親との生活がスタートしたのです。

2、同居してどうだったか

主人と出会って結婚するまでの期間はなんと5か月!!!スピード婚です。

でもお互いに結婚を望んでいたし結果オーライ!

そしていきなりの義理両親との同居。最初は不安だらけでした。

同居するために工夫したことは、とにかく下手にでることです。

個人の性格にもよるかもしれませんが、自分が嫌なことは相手にもしない

思いやりをもって接するように心がけました。

 

3、同居して良かったこと

私は結婚する前に様々な仕事を経験しました。

そこで出会った人々から、集団で行動することや人と人との関わり方などを教わりました。

その経験が同居生活にも生かされているような気がします。

 

同居してよかったこと

・子供の面倒を見てくれる

・料理を教えてもらえる

・家賃、光熱費、食費、交通費などを負担してもらえる

・家に誰かいるので寂しくない

 

義理両親にとって娘は初孫なので、とても可愛がってもらっています。

田舎なので近所付き合いがけっこうあるかと思いきや、わりとあっさりしていたり。

すごく付き合いのあるおじちゃん、おばちゃんのお家には

毎日のように義理両親が娘を連れて夕方1時間くらい遊びにいきます(その間に私はお風呂とかやりたいこと済ませてます)。

料理も長年主婦業をやってきた義理母に分からないときは教えてもらえたり。

基本は私が台所をまかせてもらえてるのでゴタゴタも起きません。

家賃や光熱費など生活費はほぼ0円です。そこは本当にありがたいです。

市内で一人暮らししたらキツキツだけど自由がある。

同居したら干渉されるけど生活費はかからない。

それぞれにメリット、デメリットありますよね。

自分が義理両親と同居することになるとは深く考えていませんでしたが、

この際、不満を口にしながら過ごしていくよりも、

郷に入れば郷に従えの精神で、

何事もありがたく受け入れていく方が自分のためになると信じています(*^^)v

 

同居で嫌だったことベスト3

 

私が同居して感じた嫌だったことベスト3を紹介します。

 

1、勝手に部屋に入って来られる

2、家事の役割分担で困惑する

3、家の中が汚い

 

この他にも最初は嫌なことがあったと思うんですが、慣れてくると忘れちゃうんですよね。

とりあえず今思い浮かんだベスト3をご紹介します。

1、勝手に部屋に入って来られる

これは授乳中のときなどは、一応ノックとかはしてもらえます。

狭い部屋なので、唯一落ち着ける自分たちのテリトリーに勝手に入ってきて

長居されるときには心の中で、「早く出て行って―」と思っていました。

いまとなってはそっとしておいてもらうことが多いので、

あまり気になりませんが・・・。

2、家事の役割分担で困惑する

食事の準備は、朝食は義理母が作り、昼と夜は私が作るということで話がまとまりました。

しかし、主人と娘と出かけて帰りが遅くなる時などは、

帰った後の義理母の態度がおかしかったりすると気にしていました。

主人には、

「誰でも気分があるし、たまたま機嫌が悪かっただけだから気にすることはない」

となだめられました。

洗濯物も誰がするのか問題が発生するとめんどくさいので

進んでするようには心がけています。

3、家の中が汚い

これは、ちょっと我慢できませんでした。

私も元々はきれい好きなほうではなくて、主人と出会う前に部屋の片づけにはまりました。

そこから部屋をきれいにすることに目覚め、今では進んで掃除したくなるようになりました。

そんな私ですらちょっと、うーん・・・。

いまだにトイレは眼鏡外さないと入れません・・・

3、同居のストレスを半減してくれるグッズ

同居にはストレスはつきものですよね。

最初は日々自分と格闘していましたが、そんなストレスを半減してくれたグッズをご紹介します。

ノートパソコン

結婚前はパソコンにはまっていた時期もありましたが、しばらくネット環境から離れて生活していました。

しかし、出産後タブレットを購入し情報量の多さにびっくりしました。

これからは情報が大事かも!

主人にお願いしてノートパソコンを購入しました。

パソコンを使いだしてからはブログなど自分の好きな空間を作るのが楽しくなり、同居していることを忘れるようになりました。

 

 

 



ベット

同居がスタートした時点で買い替える予定だったんですが、タイミングをのがしまして・・・。

主人が何年も使っているダブルサイズのベットだったんですが、ノミがいるのかかゆくてたまりませんでした・・・。

なので、買い替えを決意

広く使えるようにと、セミダブルのベットを2つ購入しました。

とても快適で、ぐっすり眠れます!睡眠って大事ですよね。



夜ストン。ぐっすりミスト SWITCH me アロマミスト

 

シャンプー

お風呂の時間って至福のときですよね。

でも同居しているとシャンプーもみんな同じのを使うことが多いかなと思います。

私もホントは美容室のちょっと高価なシャンプーを使いたいんですが、つい節約のためにみんなと同じシャンプーを使ってしまいます。

しかし、来月からはいいシャンプーを使ってみせるぞ!

シャンプーが変わるだけでも気持ちが違うと思います。


【ランテージュ キュベシノブ】美容師さんオススメのシャンプーを使ってみた 同居しているとシャンプーって家族全員で同じもの使いますよね。 大人数で使うとなると、ドラッグイレブンなんかにある市販のもの...

 

4、今後の野望

私の正直な気持ちは、別々に暮らして自分の好きなように生活したいです。

義理両親にはとてもお世話になっていて、すごく嫌だというわけではないんですが、

自分たちで自由に暮らしてみたいというのが夢です。

 

5、まとめ

 

結婚する時の条件として、同居しないことを希望する人が大半ですよね。

私も同居は難しいかなと思っていました。

でも運よく優しくて健康な義理両親に恵まれて、

いままでなんとか同居してこれました。

これからどんな世の中になるかはわかりませんが、

いつか自分たちの城が持てるように頑張っていこうと思います。

 

ここまで読んでいただきありがとうございました。

ぶるっち
ぶるっち
バイバイ~

↓Twitterもフォローしてもらえると嬉しいです!



ABOUT ME
ぶるっち
1歳児を子育て中のアラフォーママです。 好きなことを仕事にするため奮闘中。 恋愛、結婚、子育て、生活のことについて書いてます。 よろしくお願いします。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。