家づくり

足場と土台

今日から土台の設置作業が始まりました!

家を建てる前までは土台の木はそのまま置けばいいと思っていましたが、最近はアンカーボルトがあるので、それを通す穴をその現場で毎回穴をあけないといけないみたいです!

それで土台と基礎を一体化させるためですね!

土台と設置したときのアンカーボルト!

今の家は気密パッキンか通気パッキンの2種類のどっちかを土台の下にいれるようです!

その理由はシロアリ対策の効果もあるようです!

昔の通気口がある家がもうないのは、この通気パッキンなどが出てきたので、通気口を無理して作って耐久面を

下げないでも通気ができるようになったから、もう通気口を造らなくなっていっていったのだと思います!

自分の家の場合は、床下で第一種換気を使用するので、床下も普通の部屋と一緒の作りになるために、基礎断熱という方式がとられているので、うちの場合は通気パッキンじゃなくて気密パッキンが使われています!

基礎のとこに断熱材もいれられます!

昼から足場屋さんがきて足場を作っていっておられたのですが、見てて怖かったですね!。

高くて・・・・・

もうただただすごいと思いました!

ABOUT ME
ぶるっち
1歳児を子育て中のアラフォーママです。 好きなことを仕事にするため奮闘中。 恋愛、結婚、子育て、生活のことについて書いてます。 よろしくお願いします。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。